組コーンオーリーまでの道のり

オーリーで組コーンを一か月で飛べるようになった過程を紹介 毎日練習が必須

  1. HOME >
  2. 組コーンオーリーまでの道のり >

オーリーで組コーンを一か月で飛べるようになった過程を紹介 毎日練習が必須

スポンサーリンク

みんなは組コーンオーリーをどのくらいで飛んだんだろう?
初心者スケーター
よっしー
1か月~3か月だと早い方だよ

よっしーです!

組コーンが飛べなくて悩んでいる人は私と同じことをすれば、組コーンは1か月で飛べるようになります!

この記事の内容

  • 前提としてこの練習は絶対すること
  • 組コーンまでの過程を紹介
  • 組コーンさえ超えれば一気に世界が変わる

プロフィール

よっしー

  • スケボーが超大好きなスケーター
  • 週3,4でスケボーをしていて、組コーンオーリーが出来るまでは毎日練習をしていました。
  • 毎日練習大事です。

それでは紹介していきます。

オーリーが上達するスケボー用品はこちら

オーリーで組コーンを一か月で飛べるようになった過程を紹介

前提としてこの練習は絶対すること

ポイント

  • 毎日練習
  • 動画を撮って研究
  • 毎回イメージして練習

この3つのポイントが1か月で組コーンを飛べるようになった大きな要因だと思っています。

逆にこの3つのポイントを押さえて練習しないと1か月で組コーンは厳しいです。特に練習日数が少ないと2,3か月かかってしまいます。

参考

私は、オーリーの前にショービットとノーコンプライが乗れていて、板に乗り慣れている状態だったので組コーンオーリーは意外と早く飛べたと思っています。

最初からオーリーを練習していたら、もう少しかかっていたでしょう。

よっしー
練習の質も大事!

組コーンまでの過程

オーリー練習1日目

まずは、止まってオーリーの練習をしましたが板に乗り慣れている状態だったのであまり恐怖心が無く、初日に5~10センチくらい浮くオーリーが出来ました。

とにかく止まりながらオーリーをしまくり弾く感覚を覚えていました。

参考

この時私は、「オーリーって意外と簡単じゃん!」と思っていて、この後何度も心を折れかけることも知らずに練習をしていました(笑)

一日目の最後の方には進みながらオーリーをやってみて、止まってオーリーと感覚が全然違っていたのであまり浮きませんでしたが弾くことは出来ていました。

1週間

2日目から線越えをやり始めて10回に1回飛べるようになり、1週間が経つ頃には余裕で飛べるようになりオーリーが楽しくなりました。

また、ペットボトルの横置きにも挑戦して10回に一回は飛べるくらいまで成長しました。

この頃意識していたことは、

ポイント

  • 確実に弾くこと
  • 怖がらない
  • スピードをつける

この3つのポイントを意識して練習していました。

2週間

2週間たったころには、合わせコーンはすでに飛べていて組コーンの半分くらいの高さを超えれるようになっていました。(約15cm)

参考

動画を撮って研究しまくっているのでな野毛悪いのかがすぐにわかり、どんどん上達していったのを覚えています。

ですが、毎日練習なので足の疲労が半端なかったです(笑)

このとき意識していたのは、

ポイント

  • 前足の擦り
  • ジャンプ
  • スピード

この3つのポイントです。

オーリーのコツはたくさんありますが、スピードだけはいつも気にしていました。

怖くてスピードを抑えがちな人が多い中、「スピードが速ければ物を早く超えれる」と考えて練習していました。

3週間

いよいよ組コーンに挑戦していきますが、組コーンの壁がすごく高く全く飛べませんでした。

なので、このような練習をしました。

ポイント

  1. 物越えの高さを低くしてひたすら飛ぶ
  2. その高さが余裕になってきたらどんどん高くしていく
  3. 組コーンを飛ぶ
  • 1~3を繰り返し

オーリーの練習法で、フラットオーリーを低くてよいのできれいにオーリーをするという練習方法を後から知ったのですが、その練習をしていたら3週間で乗れていたと思います。

オーリーでやってはいけないことを他の記事で紹介しているのでそちらをご覧ください。

こちらをチェック
スケボー 初心者がオーリー練習でやってはいけないこと5選 オーリーが20cmアップする練習法を紹介

続きを見る

1か月

先ほどの練習を何度も繰り返して練習し、1か月がたったころ初めて組コーンを飛ぶことが出来ました。

参考

飛べた日は何回もメイクすることが出来ましたが、翌日以降は全くできなくてすごく悩んでいたことを覚えています(笑)

それから組コーンを練習していき安定までさらに1か月かかりましたが、毎日練習をしていたため早い方だと思っています。

一番心が折れそうになるのは、組コーンを安定して飛べるようになることです。

これがすごく難しいのです。

オーリーは何回も消えて、汚くなって、怪我をしてと大変な道のりでしたが、組コーンを飛んだからには安定して飛べるようになりたいものです。

オーリーが安定することについて他の記事で紹介しているのでそちらをご覧ください。

こちらをチェック
オーリーが上達しない人必見 オーリー以前に大事なことを4つ紹介

続きを見る

組コーンを飛べるようになると世界が変わる

スケボーは8,9割の人が挫折してしまう難しいスポーツです。

大体の人がオーリーで心が折れてしまいますが、オーリーさえクリアしてしまえば世界が変わります!!

YouTubeのhowto動画でかつやさんも言っていますが、「組コーンが飛べるとぱっっかーーんと世界が広がる」とおっしゃっています。

 

僕はその言葉を信じて練習をしてきましたし、かつやさんの言葉に嘘はありませんでした。

スケボーはめちゃくちゃ楽しいです!

皆さんにもこの楽しさを味わってもらいたい、また一緒に滑りたい一心でこのブログを発信しています。

よっしー
諦めずに頑張ってください!!

まとめ

  • 前提としてこの練習は絶対すること
  • 組コーンまでの過程を紹介
  • 組コーンさえ超えれば一気に世界が変わる

組コーンさえ飛べてしまえばキックフリップ、180、バンクオーリー、ボックス系などいろんな技に挑戦できるようになります。

ここまでつらい道のりですが、他にもオーリーのコツなどを紹介しているので他の記事を見たりして練習してみてください!

組コーンまでの道のりはこちら

スポンサーリンク

Instagram

Instagram
Instagramでオーリーの発信と個別指導をしています! 一人ひとり組コーンが飛べるようになるまでサポートをしていますので、フォローのほうをよろしくお願いします。 れん|オーリー個別指導

-組コーンオーリーまでの道のり