組コーンオーリーまでの道のり

組コーンを1か月で飛べるようになるオーリーもの越えの徹底解説③

  1. HOME >
  2. 組コーンオーリーまでの道のり >

組コーンを1か月で飛べるようになるオーリーもの越えの徹底解説③

スポンサーリンク

よっしーです!

前回の内容はこのようになっています。

  • 最初は飛ばなくていい
  • 重心
  • スケボーは思っているより一瞬
  • 前足を寝かせる
テールヒットが出来るようになったよ!
初心者スケーター
よっしー
今度は少し高さを上げよう

まだ確実にテールヒットできてなかったり、板から降りてしまうことが多かったら前回の記事に戻って練習をしてください。

次の段階に進みます

次の段階と言ってもまだ止まってオーリーの練習です。

この回でしっかりと弾いて数センチからうまくいけば10センチくらいまで飛べます。

この記事の内容

  • 板をまっすぐに
  • しっかりしゃがむ しっかりジャンプ
  • 膝を出す

プロフィール

よっしー

  • スケボーが超大好きなスケーター
  • 週3,4でスケボーをしていて、組コーンオーリーが出来るまでは毎日練習をしていました。
  • 組コーン初メイクまで1か月、安定まで2か月

では、解説していきます。

オーリーが上達するスケボー用品はこちら

弾きと前足の擦り上げ

板をまっすぐに

プッシュしてスタンスを作るまでの動作は普通に出来ると思います。

問題はしゃがんでから弾こうとした時までの板の傾きです。

オーリーのスタンスは基本的に両足のかかとが出ているわけですから、つま先だけでバランスを取っています。

なので、バランスがとりづらくて板が傾きやすいです。

オーリーをするときに板が傾くと前後にずれたり、回転してしまったり、弾けなかったりしてしまうので板が地面と平行になるようにしましょう。

 

「自分は傾いてない!」と思っていてもほとんどの人が傾いているので、動画を撮ることをお勧めします。

特に、スタンスを作るまでは平行なのにしゃがんだ時が傾きやすいです。

ポイント

スタンスを作るときですでにつま先でバランスを取っていますが、しゃがむときはさらにつま先立ちをイメージすると板が地面と平行になります。

よっしー
傾きやすいから気を付けて!

しっかりしゃがむ しっかりジャンプ

オーリーで一番意識しないといけないことがジャンプです。

何度も言いますが、オーリーとはジャンプなんです!

毎度おなじみyewcky tvさんのオーリーhowto動画でも、1分50秒あたりから説明しています。

 

初心者によくありがちなのが、弾くのに精一杯で飛ぼうとしてないことです。

今まで確実にテールヒットさせる練習をしましたが、飛ぶためにはしっかりとしゃがまないといけません。

「どのくらいしゃがめばいいの?」

「どのくらいジャンプすればいいの?」

このような疑問があると思います。

ポイント

  • しゃがんだ時の膝が大体90度をイメージ
  • 5,6割ぐらいの力でジャンプ

意外とYouTubeのhowto動画でも解説していないことですが、この2つのポイントを意識するようにしてください!

5,6割ぐらいの力でジャンプなのは、最初から全力でジャンプをすると弾くタイミングが狂ってしまうからです。

慣れてきてからジャンプ意識をするのがお勧めです。

参考

やってみるとバランスがとりづらくて、弾こうとした瞬間グラつきやすいです。

「やりにくい」と感じますが、その不安定が正解なので大丈夫です!

また、上に飛ぶ意識が強いのでこのようにイメージしてみてください

ポイント

弾いてから飛ぶ

オーリーで板を弾くタイミングは同時が理想的ですが、自分が同時だと思っているタイミングがズレている可能性が高いのでわざとタイミングをずらす練習です。

最初は難しいですが根気良く続けてください!

よっしー
何度も何度も練習~

膝を出す

この膝を出す意識は、今後重要な意識になります。

膝を出すとは、

ポイント

弾いたときの前足の膝をノーズより出すということです。

前足を寝かせる意識で練習を進めましたが、その次は膝を出します!

テールが上がらない弾くだけのオーリー(ロケットオーリー)でも膝は出ています。

それも少しではありません。

膝はめちゃくちゃ出します!

膝の意識がなくノーズの上に膝があると自由度が利かず高くなりません。板を押さえつけるオーリーになってしまいます。

膝を出すことによって擦り上げがしやすくなり、板がしっかりと浮いてくれます。

この膝を出す感覚は組コーンを飛ぶ重要なポイントだけではなく、キックフリップまでつながります!

参考

私も、全く浮かなかったオーリーが膝を出すオーリーを意識するだけで10センチくらい浮くようになりました

逆にオーリーを教えた時も、膝を出すイメージと伝えたらすぐに出来るようになっていました。

スケボーは、イメージがとても大事なので感覚は人それぞれですがこの膝を出すイメージ必ず行ってください!

ロケットオーリーについて他の記事で紹介しているのでそちらをご覧ください。

こちらをチェック
ロケットオーリーを練習することでオーリーが上達する 練習方法を紹介!

続きを見る

最後に

  • 板をまっすぐに
  • しっかりしゃがむ しっかりジャンプ
  • 膝を出す

ここまで止まってオーリーの練習でしたが、ある事に気が付きませんか?

イメージすることが多くて大変
初心者スケーター

確かに多いです。

オーリーを教えてもらう時は、「これができていない」「この三つを意識して!」と言われますが意識することが多すぎて大変です。

ですが、そのイメージを無意識に出来るようになるまで1つ1つこなしていくのです。

例えば、

ポイント

  • 板をまっすぐに、しっかりしゃがむ、しっかりジャンプ、膝を出すを全部意識して練習すると分からなくなる
  • 板をまっすぐにを中心にイメージ。慣れてきたらしっかりしゃがんでみる...

このように練習することをお勧めします。

ぜひ、参考にしてください!

こちらをチェック
組コーンを1か月で飛べるようになるオーリーもの越えの徹底解説④

続きを見る

スポンサーリンク

-組コーンオーリーまでの道のり