スケボー

スケボー 怖くて乗りに行けない時の恐怖心を無くす方法4選 ショービットで解説!

  1. HOME >
  2. スケボー >

スケボー 怖くて乗りに行けない時の恐怖心を無くす方法4選 ショービットで解説!

スポンサーリンク

怖くて全然乗りに行けないよ~
初心者スケーター
よっしー
恐怖心に打ち勝つ方法を紹介するよ!

よっしーです!

スケボーを練習している中で、上達できない一番の原因が怖くて乗りに行けないということです。

ポイント

  • 乗りに行くまで完璧を求めない
  • 怖いことをやってみる
  • 柵につかまる
  • 数を打つ

プロフィール

よっしー

  • スケボーが超大好きなスケーター
  • 週3,4でスケボーをしていて、組コーンオーリーが出来るまでは毎日練習をしていました。
  • 組コーン初メイクまで1か月、安定まで2か月

オーリーが上達するスケボー用品についてはこちら

怖くて乗りに行けない時の恐怖心のなくす方法4選

ショービットで後ろ足が乗りに行けないことが誰にもあります。

「ショービットの回しが完璧じゃないから乗れないだけ」と思っていても実は恐怖心が原因で乗りに行けてないです。

「恐怖心はない」と思っている方は、ショービットやノーコンプライなどの初心者技でメイクまで時間がかかっていませんか?

怖がらない人は二つの技を一日でメイクすることが出来ます。つまり恐怖心が無ければすぐに乗れるということですね。

正直怖がらない方法はありませんが、恐怖心が少しだけ和らぐ方法ならあります。

初心者の方が怖くて苦戦する技がショービットとノーコンプライ、オーリーのもの越えあたりでしょうか。

それぞれ片足着地までは完璧になのに、メイクしようとすると急に怖くなり乗れなくなってしまいます。

4つの方法で絶対恐怖心が無くなるというわけではありませんが、私が恐怖心が和らいだ方法なのでぜひ試してみてください!

 

ショービットのワンポイントアドバイスとしてしゃくる方向を載せておきます。

ショービット

コツとしては、足の形を数字の4になるようにしゃくることでしっかりと回ってくれます。

乗りに行くまで完璧を求めない

技を練習する時、段階に分けて徐々に練習することは大事ですが乗りに行くまでを練習しすぎると逆に時間がかかってしまうことがあります。

  • ショービット…前足キャッチまで完璧
  • ノーコンプライ…2テンポまで完璧
  • 物越えオーリー…フラットオーリーはある程度できる

初心者技の乗りに行く前の段階をまとめました。

ショービットでは、「180度安定して回せるようになってから乗りに行きたい」と誰もが思いますが、実は一日で乗りに行ける技です。私は怖くて二か月かかりました(笑)

ポイント

技術で乗るより怖がらずに乗ってみる

私も完璧に回して前足キャッチが安定してきたら乗りに行こうと思っていましたが、今思えばそんなことしなくて良かったです(笑)

YouTubeのショービットのhow to動画で「前足キャッチが安定したら乗りに行く」と、どの動画でも解説していますがその前足キャッチの安定が5割以上くらいのことで、前足キャッチが100%出来てからというわけではありません。

実は前足キャッチを練習しすぎると逆効果で、どんどん乗りに行けなくなってしまいます。

私のことですね(笑)

もちろん怪我をしないためある程度前足キャッチに慣れてからのほうが良いですが、ほとんどの人が”前足キャッチの練習のし過ぎ”なので気合で乗りに行きましょう!

怖いことをやってみる

スケボーでカッコいい技をやりたい反面ほとんどの技は大体怖いです。

まくられることを想像したりすると恐怖心を抱いてしまったら当分その技は練習しないでしょう。

ですが、大事なのは怖いことを率先してやることです!

スケボーをやってると分かりますが、一回でもまぐれで乗ったり惜しかったりした瞬間一気に恐怖心が消えて簡単に乗りに行くことが出来ます。

ポイント

ちょっと気合を出す

ポイントは一気に乗りに行くことではなくて徐々に乗りに行くことで、怪我をする可能性が低く簡単に乗りに行くことが出来ます。

ショービットの前足キャッチから両足で乗りに行くときも、後ろ足を一気に乗るのではなくつま先だけ乗せて大部分は地面の上の状態で乗ってみると意外と行けます。

または、こける準備をしておくことで自然と恐怖心が無くなります。

どちらもちょっと気合を出すだけで簡単に乗りに行くことが出来るのでお勧めです。

柵につかまる

柵につかまって練習すると恐怖心が全くないので、その技に慣れるまで柵につかまって練習するのも良いでしょう。

ただ、これもやりすぎると変な癖がついたり柵につかまってない状態だと乗れないというイメージが出来てしまいます。

柵につかまるのは新しい技を試しにやってみることが本来の目的で、恐怖心をなくすためという目的だとあまり効果は期待できません。

乗りに行くときは気合ですから柵に掴まった状態だと完璧で掴まっていない状態だと全く乗れなかったら別の方法が良いでしょう。

1つ効果がありそうなのは、

ポイント

  1. 両手で支えて乗る
  2. 片手で支えて乗る
  3. 指先を柵に触れて乗る
  4. いつでも柵を掴めるように構える

この順番で乗りに行くことで柵に掴まっていない状態でも恐怖心が和らぐことがあります。

ショービットでは効果はあるのでお勧めです!

数を打つ

「解説した3つの方法で試しても乗れないよ~」という方はとにかく数を打ちましょう。

恐怖心がある要因の一つで、その技に慣れていないから恐怖心があります。

単純に数を打つことで恐怖心が和らいでいきますが問題なのはその恐怖心が無くなるまでの期間です。

下手をしたら1か月以上かかってしまうことも...

何度も言いますが、乗れない原因の大半が恐怖心なので自然と和らぐまで待つのではなく気合で乗りに行きましょう!

最後に

  • 乗りに行くまで完璧を求めない
  • 怖いことをやってみる
  • 柵につかまる
  • 数を打つ

恐怖心をなくすというよりスケボーは気合でどうにかするものなので、今回の解説は少し物足りないものとなってしまいましたが少しでもスケボー上達へ役立つことだと思います。

参考

私自身、すごく怖がりなので怖いことはやりたくないし乗りに行きません。

それでも怖いと同時に「スケボー上手くなりたい!」と思っているので毎日恐怖と戦っています!

恐怖心に打ち勝って楽しいスケートライフを手に入れましょう!

組コーンオーリーまでの道のりはこちら

スポンサーリンク

-スケボー